研究検査科

当院の検査科は、検体検査と生理検査の2部門からなり、7名の臨床検査技師で検査業務を行っています。また、患者さんに気持ち良く、安心して検査を受けていただけるよう日常の検査業務の向上のため、高度な知識・技術の習得を目指し、各認定試験に向けて日々研鑽しています。
また、チーム医療においては、糖尿病教室、栄養サポート(NST)、感染対策(ICT)等、多職種と連携しながら、患者さんの心に寄り添って、患者さんが一日も早く元気に笑顔になれるように努めています。

● 検体検査
患者さんから採取した血液や尿・便などを検査する部門
生化学検査、免疫検査、血液検査、輸血検査、細菌検査、一般検査
● 生理検査
患者さんに直接接して調べる部門
心電図検査、血圧脈波検査、呼吸機能検査、超音波検査、聴力検査、脳波検査

精度管理

測定機器の精度管理や検体の取り扱いに十分注意を払い、患者さんに報告する測定結果が正しい数値なのか常に精査し、報告しています。 また院内での精度管理はもちろん、外部精度管理事業にも積極的に参加して精度管理の向上に努めています。
当院では、JCCLS(日本臨床検査標準化協議会)共有基準範囲を採用しています。

生化学検査

血液や尿に含まれているタンパク質・糖・電解質・酵素など、さまざまな成分を自動分析装置を用いて測定します。肝臓や腎臓の機能、血糖や脂質などの病気の診断や治療の判定、病状の経過観察に欠かせない重要な検査です。

肝機能検査 AST・ALT・γGTP・ALP・総ビリルビン・CHE など
腎機能検査 BUN・CRE・UA・電解質 など
脂質検査 総コレステロール・LDL・HDL・中性脂肪 など
貧血検査 血清鉄・UIBC・TIBC・フェリチン
その他 CRP・免疫グロブリン・尿蛋白 など
生化学自動分析装置血糖・HbA1c自動分析装置

免疫検査

細菌やウイルス(抗原)が体に侵入してくると、血液中に抗体が作られます。免疫検査では、この抗原と抗体が特異的に反応することを利用して、抗原や抗体の量を測定し、感染症の有無などを調べます。
また、悪性腫瘍やホルモン異常、自己免疫疾患などの疾患を診断するための腫瘍マーカーやホルモンなどの検査を行っています。腫瘍マーカーを検査することで、がんを見つけたり、抗がん剤等の治療効果を判断したりします。

腫瘍マーカー検査 AFP・CEA・CA19-9・PSA など
ホルモン検査 甲状腺ホルモン(TSH・FT4・FT3)
感染症検査 HBs抗原・Hbs抗体・HCV抗体・CoV-2抗原定量
免疫分析装置


その他検査

インフルエンザ抗原検査 反応時間・・・約5分
検査材料・・・鼻腔ぬぐい液
新型コロナ(CoV-2)
抗原定性検査
反応時間・・・約15分
検査材料・・・鼻腔ぬぐい液
新型コロナ(CoV-2)
抗原定量検査
反応時間・・・約30分
検査材料・・・鼻咽頭ぬぐい液
新型コロナ(CoV-2)
PCR検査
反応時間 遺伝子検査・・・約60分
検査材料・・・鼻咽頭ぬぐい液
マイコフプラズマ核酸定量(PCR)検査 反応時間 遺伝子検査・・・約60分
検査材料・・・鼻咽頭ぬぐい液
A群溶連菌迅速検査 反応時間・・・約5分
検査材料・・・咽頭ぬぐい液
アデノウィルス抗原検査 反応時間・・・約5分
検査材料・・・咽頭ぬぐい液
ノロウィルス抗原検査 反応時間・・・約15分
検査材料・・・便
肺炎球菌莢膜抗原検査 反応時間・・・約15分
検査材料・・・尿
レジオネラ抗原検査 反応時間・・・約15分
検査材料・・・尿
自動遺伝子解析装置(マイコプラズマ・CoV-2対応)

血液検査

血液中の細胞(赤血球・白血球など)の数や形態を検査し、貧血や炎症、白血病などの血液疾患の有無を調べます。また、白血球の種類や赤血球、血小板の形態などを顕微鏡で調べます。
体には、出血すると傷口をふさいで血栓をつくり、血管の破れが元通りになると血栓を除去するはたらきがあります。血液検査では、このはたらきを調べる凝固検査も行っています。血液をサラサラにするお薬の効き目や、血栓の有無などを調べます。

多項目自動血球分析装置・血液凝固分析装置

輸血検査

輸血は、出血や貧血、血液疾患などで血液が不足したり、血液成分の機能が低下したりしている患者さんに、血液を補充する治療です。輸血が必要な患者さんの血液型検査や、輸血の副作用を防ぐための検査、血液製剤が患者さんの血液に適合するかを調べる検査などを行っています。患者さんに安全で安心な輸血を受けてもらうために行う重要な検査です。

血液検査に用いる血液パック

細菌・微生物検査

細菌による感染症が疑われる患者さんの体から喀痰・尿・便などを採取し、細菌や真菌の栄養素を加えた培地に菌を育て、菌の種類を調べます。また検出された菌にどの薬剤が有効なのかを判断する検査も行っています。
また、徳島県下の結核治療の中心的役割を担えるよう、液体培養法の採用、自動遺伝子検査装置の導入など、結核菌の迅速な検出に力を注いでいます。

自動細菌分析装置・結核培養装置・自動遺伝子検査装置
細菌検査を実施する上で、良質な検体採取は極めて重要です。
提出していただいた検体が検査に適した状態でない場合は、再提出をお願いする場合があります。
ご協力をお願いいたします。
(品質の悪い喀痰)(品質の良い喀痰)

一般検査

尿は、腎臓で血液をろ過して作られます。尿に含まれる成分を尿自動分析装置や顕微鏡を使って調べることで、体内(腎臓、肝臓、膵臓など)の状態を知ることができ、色々な病気の診断に役立ちます。
他にも、便検査(便潜血反応・虫卵検査など)や髄液検査も行っています。

尿自動分析装置

生理検査

直接患者さんに接して行う検査です。診断や治療に必要となる検査データを得るために、患者さんのご協力をいただくことがとても大切です。少しでも緊張や不安をなくして検査を行えるようにしています。

心電図検査 心臓が動いているときに出る微弱な電気を、胸と手足につけた電極から捉えた波形を記録します。脈の乱れ(不整脈)や胸の痛み(狭心症)などの原因や病気の診断のために調べます。
ホルター心電図検査 携帯型の心電図記録器を装着して、日常生活の中で、心臓に異常(不整脈や狭心症など)がないか、24時間の心電図を記録します。入院の必要はなく普段の生活を送っていただけます。翌日は取り外すために来院が必要です。
運動負荷心電図検査 携階段を年齢・体重に応じて決められた回数を昇り降りして心臓に負荷をかけた後に、心電図の変化を観察、記録する検査です。

血圧脈波検査 手と足の血圧の比較や脈波の伝わり方を調べることで、動脈硬化の程度を調べます。この検査を行うことにより動脈硬化(血管の老化など)の度合や血管年齢を調べることができます。

呼吸機能検査 マウスピースをくわえて、息を吸ったり吐いたりして、肺・気管支の状態や働きを調べる検査です。肺の病気の診断、重症度などを調べるのに役立ち、治療効果の測定にも使われます。

呼気NO検査 呼気中に含まれる一酸化窒素の濃度(FeNO)を測定することにより、気管支喘息の診断を行います。

超音波検査 体表面から、超音波(人の耳に聞こえない高周波)をあてて検査します。画像として表示し、肝臓や腎臓などの腹部・心臓・血管などに異常がないかを調べます。

脳波検査 頭に電極をつけて、脳から発生する微弱な電気信号を記録して、脳の活動状態やてんかんなどの診断、治療効果の判定のために調べます。

簡易聴力検査 耳の聞こえ具合を調べます。

睡眠時無呼吸症候群検査 睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に何度も呼吸が止まる病気です。重症度を判定し、治療方法を決定するための検査です。就寝前に小型の装置やセンサーを鼻や指などに装着し、睡眠中の呼吸状態を調べます。簡易の検査や一泊入院が必要な検査があります。